トリックアートとは?

作品例

○トリックアートとは?
それは三次元的な世界を壁や床に描くことで現れる不思議な立体感を楽しむアートです。伝統的な遠近法でリアルに描写する技法だけでなく、アナモルフォーシス(ゆがみ絵)の技法などを使うこともあります。
人間の先入観から生じる錯視を楽しむものです。
特にカメラを通して見たときに、超現実的な世界が見えるように計算されています。

またそれ以外にも、逆遠近錯視、隠し絵、鏡面など心理学的、視覚的認識傾向を利用した錯覚を楽しむ「観る」作品もあります。
逆遠近法などを使って錯覚効果を楽しめる彫刻作品や動画作品もあります。

○優れたトリックアートとは?
通常の絵画制作などとのアプローチの違いは、観客がポーズをとって参加することでより効果が現れるように作っています。また観客がポーズを考える際にバリエーションを持って工夫出来るような作品だともっといいです。その場合は受け身ではなく能動的な楽しさを提供出来ます。

○トリックアート展/美術館
ファミリー、カップル、友人などあらゆる層に向けたイベントとして盛り上がります。友人と面白いポーズを競ったり、家族で撮りあったりと従来の絵画展とは全く違った楽しみ方になります。
笑顔の絶えない展覧会です。

○今、なぜトリックアートが人気なのか?
カメラ付き携帯電話の普及です。スマートフォンやタブレットです。撮ってすぐに液晶画面で見ることができます。
観客はSNSに投稿して友達を楽しませることも出来ます。彼らのSNSが楽しいものになります。
インターネット上であらゆるものを見ることができる時代なので、参加して体験するというのが大きな魅力となります。

○CG(コンピューターグラフィックス)
CGを使った表現は現代的な雰囲気でダイナミックな効果も得意です。床面プリントの耐久性も利点です。

○もっと進化できるトリック3Dアート
現代の技術とセンスで新しい3Dアートを考案しています。

作品例